定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)パ—ソナリティ障害 > 境界性パーソナリティ障害をもつ人とどう話したらいいですか

境界性パーソナリティ障害をもつ人とどう話したらいいですか

一緒にいるための対話のコツ

境界性パーソナリティ障害をもつ人とどう話したらいいですか
目次・本文閲覧
クライスマン博士が教えてくれるSET-UPツールは、境界性パーソナリティ障害(BPD)をもつ人との関係をよくするための道具として欠かせません。SET-UPとは、支援(Support)、共感(Empathy)、真実(Truth)、そして理解(Understanding)と根気強さ(Perseverance)。このツールを使えば効果的な話し合いができるようになり、それが信頼と愛情を築くうえでの柱となります。博士はたくさんの事例を挙げながら、BPDをもつ人との間で生じるジレンマの中で皆さんがどのように振る舞えばよいのか、どうすれば二人の関係をよりよいものにし、維持していけるようになるのか、そのためのツールと枠組みを提供してくれます。BPDをもつ人とどのように話をすればいいのか悩んでいるなら、ぜひ読んでみてください。
ジェロルド・J・クライスマン 著、荒井秀樹 訳
本体価格 1,800 円 + 税 四六判 並製 344頁
ISBN978-4-7911-1058-2〔2020〕

こちらは「在庫有」の商品です。全国の書店様でご注文・ご購入が可能です。弊社で「在庫有」の商品でも、
一部のネット書店様では、ご注文できない場合がございますが、その際はお近くの書店様にてご注文ください。
アマゾン楽天三省堂紀伊國屋

Contents
第Ⅰ部 境界性パーソナリティ障害に対処するためのツール
第1章 境界性パーソナリティ障害とは
第2章 SET‐UPでコミュニケーションしよう
第3章 SET‐UPとあわせて使おう
第Ⅱ部 ボーダーラインの人に特有の困難
第4章 「勝ち目がない」ジレンマ
第5章 怒り
第6章 見捨てられる
第7章 アイデンティティ―空虚感から自分らしさへ
第8章 わたしは犠牲者
第9章 衝動的な自己破壊性
第10章 抱きとめるとき、終わりにするとき

境界性パーソナリティ障害=BPD 第2版

R・クリーガー/P・メイソン著、荒井秀樹 訳

自分でできる境界性パーソナリティ障害(BPD)克服法

B・アギーレ/G・ゲイレン 著、荒井秀樹 監訳、黒澤麻美 訳

境界性パーソナリティ障害をもつ人と良い関係を築くコツ

シャーリ・Y・マニング 著、荒井秀樹 監訳、黒澤麻美 訳

境界性パーソナリティ障害 サバイバル・ガイド

A・L・チャップマン 他著、荒井秀樹 監訳ほか

BPD(境界性パーソナリティ障害)を生きる七つの物語

J・J・クライスマン/H・ストラウス 著、吉永陽子 訳・監訳、荒井まゆみ 訳

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

パ—ソナリティ障害

本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.