定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ定期刊行物 > 精神科治療学最新号

月刊

精神科治療学 第33巻02号最新号

2018年02月

《今月の特集:これだけは知っておきたい統合失調症Ⅱ》
統合失調症の精神病理を解き明かす!統合失調症の精神病理について2号にわたる冒険的特集の後編。臨床上、最低限知っておきたい統合失調症の精神病理学について、先達の知識を平易に解説。今号では特に統合失調症の概念や理論を取り上げた。精神病理学に不慣れな精神科医でも今日の診断・治療に活かすことができる。統合失調症に改めて光を当てるとともに、精神科臨床の醍醐味を味わえる特集。

JANコード:4910156070283



精神科治療学は最寄りの書店様にご注文いただくか、弊社営業部(TEL 03-3329-0031)までお問い合わせください。



  • 統合失調症の発病状況─現代の動向をさぐる─
    清水加奈子,加藤 敏
  • 病前性格論
    小林聡幸
  • 統合失調症とは何か
    古茶大樹
  • ヘッカーの破瓜病
    高木 宏
  • カールバウムの緊張病
    渡邉俊之
  • クレペリンの早発性痴呆の着眼点
    久江洋企
  • 非定型精神病
    須賀英道
  • フランスにおける統合失調症の周辺
    濱田秀伯,高橋晶子,山口大樹 他
  • 文化と統合失調症
    江口重幸
  • 人間学的精神病理学の現在─「人間」から〈脳〉へ─
    清水健信,松本卓也
  • 反精神医学anti-psychiatry を振り返ってみる
    榊原英輔
  • Expressed Emotion を再考する
    渡部和成
  • ダブルバインド理論がもたらしたもの
    野村直樹
  • 安永のファントム理論
    秋山 剛
  • 統合失調症と内因性─精神病性も視野に含めて─
    岩井一正

臨床経験

  • 非痙攣性てんかん重積状態の後遺症としてKorsakoff 症候群を呈した一例
    佐々木和音,佐野奈々,高橋杏子 他
  • 強迫性障害を伴う神経性食思不振症に対してaripiprazole の単剤治療が有効であった一例
    奥田俊伸,綿貫俊夫,渡邉義文

連載

〔精神科治療:私の小工夫〕

  • 多剤併用・大量投与の解消に向けたちょっとした工夫
    渡辺 明,飯塚弘一

〔オピニオン〕

  • 「身体症状症」と診断する意味を考える
    名越泰秀,富永敏行

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル
第33巻3号予告
オープンダイアローグと精神科臨床
第33巻4号予告
対人関係をめぐる精神科臨床
年間購読について

年間購読のお申込はショッピングカートではできません。カート内の会計を済ませた上、ご注文下さい。

年間購読のお申込

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.